インフォメーション本校の学校経営についてお知らせします。

          令和2年度 学 校 経 営 
                                                               東根市立第一中学校

1 学校教育目標
                                                                            
[英知] 自ら課題を見いだし深く考え解決できる        (まなび)           

[友情] 互いに思いやり笑顔と感謝で協働できる        (つながり)        
[健康] 自他の命を大切にし生き生きと生活できる     (いのち)          
                                                                         
                                                                〈学校教育スローガン〉
                                        

                                                                            躍進一中
                  「笑顔で登校 感謝で下校 ~爽やか全力一中生~」

 

2 めざす生徒 『 笑顔、元気、爽やかに全力で取り組む一中生 』

3 めざす学校 『 伝統・創造で、希望あふれる一中 』

4 めざす教師 『 信念と愛の教育で、夢を育む一中教師 』

5 学校経営の基本方針

  学習指導要領の趣旨、第6次山形県教育振興計画、東根市の教育方針をふまえ、生徒の実態や保護者の願い、

 地域の特性等を生かした特色ある教育課程を編成・実施するとともに、内容充実のために創意工夫と評価・改善

 を行う。
                普段の生活を大事に 普通のことをしっかり!
                   『一中スタンダード』を『一中ブランド』に

 

6 学校経営の重点
 (1) 自分を大切にし他を思いやる豊かな心の育成を図り「生命尊重」の意識を高める。

  ア   自然や人とのかかわりのなかで「生命の大切さ」「生命を守る」ことや「人の気持ちを考える」意識が高まる

  活動を意図的に実施するとともに、個々に応じた指導を継続的に行う。


  イ 地域の方との多様で温かなふれあいを通し、地域貢献の意識を醸成し、自尊感情を高め、他を思いやって行動

  できるようにする。
  ウ キャリア教育を計画的に実施し、 自分の将来を見据え、自分を知り自分と対話する機会を意図的に設ける。


 (2)  生徒の実態を的確にとらえ、体験や対話を生かした学習を通して基礎的・基本的な学力の確実な定着、思考力

    ・判断力・表現力等の育成を図る。


    ア 指導内容、教材、題材、生徒の実態等の分析を行い、基礎的・基本的な力が定着する授業を行う。
    イ 教科等や諸活動の中で、問いが生まれ、協働的に探究し解決を図り、生徒が考えを交流し学び合う場を工

          夫し、一人一人の思考力・判断力・表現力、耐力をつける授業を行う。
    ウ 情報リテラシーと情報モラルとを高め、情報機器を適切に活用できるようにする。
    エ 家庭との連携を密にとり、授業と家庭学習が効果的につながる「学びのサイクル」を確立する。
 (3)  生徒の個性や学力の実態に即した適切な指導や支援が行えるよう、個別支援態勢の充実を図る。
    ア 生徒が互いの個性を認め合い協力する場を多様に設定する。
    イ 教科等や諸活動の中で、一人一人の個性や学力に即した適切な指導や支援を工夫する。
 (4)  開かれた学校づくりを目指し、学校・家庭・地域の連携を一層深める。
    ア  保護者・地域の方と関わりを深め、信頼と協力を得られるように努める。
    イ  授業参観、学校行事、学校だより等を通して学校を開き、学校・家庭・地域の連携を築く。
 (5)  校舎内外の美化、施設設備の一層の整備・活用を図り、感性豊かで潤いのある学校環境づくりに努める。
    ア 清潔で心地よく学習できる環境をつくる。
 イ 施設設備の一層の整備・活用で機能的な学校環境をつくる。
 (6)  学校教育目標の具現化のため、教職員の持ち味を生かした学校経営を行う。
    ア 教育目標の達成に向け、研修に励み自己の指導力向上に努める。
 イ 各校務分掌、各担当において意欲的・協動的に職務に努める。