お知らせ

 インフォメーション本ページでは、学校概要についてご紹介いたします

 

 □本校の沿革

 本校は、昭和24年11月3日、旧東根町立東根第一中学校と旧東根町立東根第二中学校を統合し、「東根町立東根中学校」
として発足した。今年度(令和元年)創立70周年を迎える。
 開校当時は、終戦後間もない極度の物資不足の時代であったが、「奥山野」という先祖が守り育てた町有林を伐採して資材に
充当し、他に先駆けて東北でも屈指の校舎が完成した。
  平成に入り、校舎の老朽化と過大規模校の解消、通学距離の適正化による 教育環境の整備充実を図るために、平成6年4月
「東根市立神町中学校」を若木に分離独立させ、続いて平成7年12月に新生「東根市立第一中学校」を現在地に移転新築した。 
 これまで個性の尊重を基盤とし、「英知・友情・健康」を校訓として、地域社会の進歩向上に寄与する20,000名を越える卒業生を世に送り出してきている。

 

 

 

 

 

 

2019年11月 創立70周年記念人文字


□校章について

 校章は、「郷土の象徴となるものを取り入れること」「明朗雄大の気性を象徴するもの」という内容で公募され、東根市のシンボル 「大ケヤキ」の葉3枚に、東の字を図案化した、東根高等学校教諭藤本周一氏の作品が第一等に入選し、校章として制定された。                                                                                                        (昭和24年10月制定)


□校歌について

 

 


 □敷地・建物

 敷地面積 52,000 ㎡   校舎 6,752 ㎡    屋内体育館 2,852 ㎡


 □校舎平面図


□平成31(令和元)年度 学校要覧

 こちらからご覧ください。

     【学校要覧(外側).pdf (1.79MB)】  【学校要覧(内側).pdf (2.69MB)】